東京都人権プラザ

ここから本文です

令和2年度人権問題都民講座

スポーツが与える『生きる力』

 「人権連続講座2020 ~オリンピック・パラリンピックに向けて~」(全6回)の第4回として、作家の平山讓氏を講師に招き、講座を開催いたします。
 オリンピック・ムーブメントの教育テーマ及びパラリンピックの価値が示すように、スポーツを通じて人々が喜びや勇気を得ることは、スポーツが社会に対して果たす重要な役割であるといえます。
 そこで、様々な困難に直面した人がスポーツにかける姿を小説やノンフィクション作品等で描いてきた講師に、スポーツが与える「生きる力」について講演いただくことで、オリンピック・パラリンピック開催の意義についてより深く理解するための機会とします。

日時

2020年6月27日(土)
14時00分から16時00分まで(開場13時30分)

会場

東京都人権プラザ 1階 セミナールーム
港区芝2-5-6 芝256スクエアビル 1階
http://www.tokyo-hrp.jp/info/access_main.html

申込方法

電話、ファックス、Eメールでお申し込みください。

東京都人権プラザ

定員

40名(事前申込制、申込多数の場合は抽選)

(注)当初、80名としておりましたが、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から定員を減らして実施いたします。何卒ご了承ください。

申し込み締切日

2020年6月23日(火)

参加費

無料

講師プロフィール

平山讓(ひらやま・ゆずる)

作家。1968年東京都生まれ。スポーツに関する実話をもとにした物語を数多く執筆。主な著書に『灰とダイヤモンド-三宅高校野球部、復興へのプレイボール』『4アウト』『片翼チャンピオン』『サッカーボールの音が聞こえる』『パラリンピックからの贈りもの』『リカバリーショット』『還暦少年』など。『ありがとう』は2006年に映画化、『ファイブ』は2008年、NHKにてドラマ化。

フォローアップ企画~もっと知りたい、学びたい

ボッチャ体験会(講座終了後に開催)

受講者のうち希望者を対象にルール説明や試技等を行います。

(注)当初、実技練習や模擬試合を予定しておりましたが、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から規模を縮小して実施します。何卒ご了承ください。

日時

2020年6月27日(土)16時30分から18時00分まで
事前申込不要、受講者のうち希望者、参加無料、記念品あり

チラシ

(注)定員及びフォローアップの内容が変更となっていますのでご注意ください。

おもて面(PDF形式:904KB)

うら面(PDF形式:429KB)

このページの先頭に戻る