東京都人権プラザ

ここから本文です

東京都人権プラザ企画展

みんなのスポーツ―可能性のフィールドへ

 今年、東京は同一都市として初めて2回目の夏季パラリンピックを開催する都市となります。スポーツの効用には、競技性に限らず、生涯スポーツとしての側面や日常生活動作の技術向上等があります。こうした多くの視点から障害者スポーツを考えることは、「スポーツが日常生活にとけ込み、誰もがいきいきと豊かに暮らせる東京を実現する」という東京2020大会のレガシーにもつながります。
 障害者スポーツの国際大会はパラリンピックの他にも、聴覚障害者を対象としたデフリンピック、知的障害者を対象としたスペシャルオリンピックス、先端技術を応用した電動車いす等の性能を競うサイバスロン等、様々な大会がありますが、その認知度は依然として低いままとなっています。
 そこで、東京2020大会の経験を踏まえつつ、様々な障害者スポーツ大会の写真や、競技で使用する道具、電動車いす等の展示を通して、「みんな」がスポーツに参加できる社会について考える機会を提供します。

チラシ

おもて面(PDF形式:7,450KB)

うら面(PDF形式:1,791KB)

会期

2021年9月22日(水)から12月24日(金)まで(予定)

開室時間

9時30分から17時30分まで

(注)日曜は閉室。祝日は開室。

会場

東京都人権プラザ 1階 企画展示室
東京都港区芝2-5-6 芝256スクエアビル 1階
交通アクセスはこちら

入場料

無料(事前予約制。申込方法および詳細は、こちらのぺージからご確認ください。)

(注)新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、入場の制限や会期を変更する可能性があります。また、来場に当たりましては、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止策にご協力いただきますようお願いします。詳細は以下のページでご確認ください。

主催

東京都人権プラザ
Eメール:tenji『アットマーク』tokyo-jinken.or.jp
電話:03-6722-0123
ファックス:03-6722-0084

このページの先頭に戻る