東京都人権プラザ

ここから本文です

東京都人権プラザ企画展

池田宏写真展「現代アイヌの肖像」

東京都人権プラザ休館のお知らせ(注)1月8日現在 休館期間を延長しました

 年末年始期間における新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から、東京都人権プラザについて、以下のとおり休館としますので、お知らせいたします。
 ご来館を予定されていた方には申し訳ありませんが、ご了承のほどお願いいたします。

休館期間

2020年12月24日(木)から当面の間

 アイヌ文化の復興を目的とする新たな国立施設「民族共生象徴空間(ウポポイ)」が2020年7月に開館し、アイヌに対する注目が集まっています。しかしその一方で、アイヌ文化を否定する誹謗中傷がインターネット上で広がるなど、偏見、無理解に基づく差別の存在が浮き彫りとなっています。
 「アイヌの人々の誇りが尊重される社会を実現するための施策の推進に関する法律」が定めるとおり、アイヌであることを理由にした差別は許されないことであり、アイヌの人々が民族としての誇りを持って生活することができるようになるため、アイヌに関する理解を深める一層の努力が求められています。
 そこで、アイヌの人々への長期にわたる取材を続ける池田宏氏の写真を通して、アイヌの「今」と出会い、アイヌの人々をめぐる歴史や文化について、皆様とともに考えてみたいと思います。

チラシ

おもて面(PDF形式:834KB)

うら面(PDF形式:701KB)

会期

2020年12月18日(金)から2021年3月30日(火)まで
(注)日曜・年末年始(12月29日から1月3日まで)は閉室。祝日は開室。
(注)新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大防止のため、会期を変更する可能性があります。

開室時間

9時30分から17時30分まで

会場

東京都人権プラザ 1階 企画展示室
東京都港区芝2-5-6 芝256スクエアビル 1階
交通アクセスはこちら

入場料

無料

展示作品

アイヌの人たちのポートレート(20名程度)と池田宏氏による被写体の方々へのインタビューを掲示する。

関連企画

詳細は決まり次第、ホームページ等でお知らせいたします。

主催

東京都人権プラザ

このページの先頭に戻る