東京都人権プラザ

ここから本文です

令和3年度人権問題都民講座

コロナ禍における人権問題―『自粛』と『自由』をめぐって

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため人と人とのコミュニケーションが様々な場面で制約を受けている一方、感染者等を排除する風潮や誹謗中傷する書き込みがSNSなどで広がっています。そこで、コロナ禍において自粛が要請される中、「表現の自由の意義とその限界」について人権論の視点から考える講座を開催します。参加者一人ひとりがコロナ禍における人権問題を考える手がかりとしていただきたいと思います。

日時

2021年6月19日(土)
14時00分から16時00分まで

開催方法

リモート参加(定員100名):「Zoom」利用予定

参加費

無料

申込方法

Eメール、電話、ファックスのいずれかでお申し込みください。

件名に「第2回都民講座申し込み」と明記のうえ、(1)代表者名(2)参加人数(3)電話番号(4)Eメールアドレスをご記入ください。

申込先

東京都人権プラザ

申し込み締切日

2021年6月14日(月)

講師プロフィール

志田陽子(しだ・ようこ)

武蔵野美術大学教授(憲法、芸術関連法)。東京都生まれ。2000年より武蔵野美術大学で表現者のための法学および憲法を担当。「表現の自由」を中心とした法ルール等を研究対象にしている。著書に『映画で学ぶ憲法』(編著・2014年)、『表現者のための憲法入門』(2015年)、『合格水準 教職のための憲法』(共著・2017年)、『「表現の自由」の明日へ』(2018年)。コロナ禍に関する論考に「表現の自由」のための自律―緊急事態宣言と「集会の自由」外部サイトへ移動しますhttps://synodos.jp/politics/23451など。

フォローアップ企画

参加者が講演内容に関して事後学習を進め、より理解を深められるよう、講師執筆による資料(フォローアップ・テキスト)を制作し、参加者に後日配布します。

チラシ

おもて面(PDF形式:3,714KB)

うら面(PDF形式:2,590KB)

このページの先頭に戻る