東京都人権プラザ

ここから本文です

平成30年度人権問題都民講座(第2回)

ラップは時代を映しているか? 現代アメリカの音楽文化と人権

 ラップミュージックに代表されるヒップホップカルチャーは、国や地域を越えて、いまや世界中の若者に支持されています。ファッションやダンス、アートなどと同様に、音楽は政治や社会から常に影響を受けながら変化し続けており、同時に、現代における人権のあり方を色濃く反映しています。この講座では、アメリカの音楽文化を専門とする講師が、音楽の持つ時代性や、社会・人権との関わり等について、楽曲とともに解説します。ヒップホップを中心とする現代アメリカの音楽シーンを、人権の視点から読み解く講座です。

日時

2018年8月24日(金)
18時30分から20時30分まで(開場18時)

会場

東京都人権プラザ 1階 セミナールーム
港区芝2-5-6 芝256スクエアビル 1階
http://www.tokyo-hrp.jp/info/access_main.html

講師

大和田俊之(おおわだ・としゆき)さん(慶應義塾大学法学部教授)

申込方法

電話、ファックス、Eメールでお申し込みください。

東京都人権プラザ

定員

80名(事前申込制・申込多数の場合は抽選)

申し込み締切日

2018年8月17日(金)必着

参加費

無料

情報保障

手話通訳・託児保育あり(託児保育は要事前申込。手話通訳以外の情報保障はお問い合わせください)

フォローアップ企画

東京都人権プラザの専門員によるブックトーク「人権を学ぶ人のためのヒップホップ入門」を実施します。
講師の著書や映像作品等を手がかりに、人権の視点からヒップホップカルチャーを読み解くための「入門者トーク」です。
講座当日17時00分からセミナールームで実施。(事前申込不要、先着80名、参加無料)

講師プロフィール

大和田俊之(おおわだ・としゆき)さん

1970年生まれ。専門領域はアメリカの音楽文化。2011年『アメリカ音楽史 ミンストレル・ショウ、ブルースからヒップホップまで』でサントリー学芸賞を受賞。その他共著に『文化系のためのヒップホップ入門』(2011)『ラップは何を映しているのか―「日本語ラップ」から「トランプ後の世界」まで』(2017)『村上春樹の100曲』(2018)

このページの先頭に戻る