東京都人権プラザ

ここから本文です

東京都人権プラザからのお知らせ

「心と体を傷つけられて亡くなった天国の子供たちのメッセージ」展

 夏休み明けで新学期が始まる9月1日は最も子供の自殺が多い特異日となっており、文部科学省や各教育委員会などでも注意喚起を行い、その防止に努めているところです。同様の取組は様々な団体でも実施されており、神奈川県の公共図書館が、twitterを通じて「学校が始まるのが死ぬほどつらい子は、図書館へいらっしゃい」と呼びかけたことは、記憶に新しいところです。
 東京都人権プラザは児童・生徒も利用する施設であることから、上記のような状況を踏まえて、命の存在を再認識し、その大切さを訴える展示企画を、NPO法人ジェントルハートプロジェクトの協力を得て開催し、呼びかけます。来場された方に、この展示を通して、心の傷が孤独感を生み、人を死へと追い詰めてしまう事実があることを実感し、心と命について考えていただく機会とします。

会期

2018年8月25日(土)から9月1日(土)まで
(注)日曜は閉館。

開場時間

9時30分から17時30分まで

会場

東京都人権プラザ 1階 ロビーギャラリー
東京都港区芝2-5-6 芝256スクエアビル 1階
交通アクセスはこちら

入場料

無料

展示内容

心と体を傷つけられ(いじめ等)、亡くなった子供たちの遺影と、子供たちが社会に投げかけた言葉、そして家族から子供へのメッセージを集めたパネルを展示します(10数組)。また、期間中、関係者等によるトークプログラムを実施します。

協力

特定非営利活動法人 ジェントルハートプロジェクト(代表理事 小森新一郎氏)

トークプログラム

いじめ等の被害者の家族・関係者等によるトークを、下記の日程で実施します。
(会場:東京都人権プラザ 1階 セミナールーム)

日時

2018年8月25日(土)
11時00分から12時00分まで。
16時00分から17時00分まで。
2018年9月1日(土)
14時00分から16時00分まで。

定員

80名(事前申込不要、当日先着順)

その他

情報保障:要問合せ、託児保育:要事前申込

このページの先頭に戻る