東京都人権プラザ

ここから本文です

東京都人権プラザ企画展

儀間比呂志 絵本『ツルとタケシ』原画展

 明治40(1907)年の「癩予防ニ関スル件」制定に始まる我が国のハンセン病患者の隔離政策は、平成8(1996)年に「らい予防法」が廃止されるまで続きました。
 平成10(1998)年には熊本地裁にらい予防法違憲国家賠償請求訴訟が提訴され、その判決を契機に国は患者・回復者の方々に謝罪し、名誉回復や社会復帰支援策が採られています。
 一方、ハンセン病に対する偏見や差別はいまだに残っています。東京都人権プラザでは、そうした偏見や差別をなくすために、啓発活動を行っています。
 今回の企画展では、沖縄出身の版画家・儀間比呂志によるハンセン病を主題とした絵本『ツルとタケシ』の原画展示を通して、幅広い世代に対して、ハンセン病について学ぶ機会を提供します。

チラシ

チラシデータ(PDF形式:411KB)

会期

2019年8月17日(土)から11月30日(土)まで
(注)日曜は閉室。祝日は開室。

開室時間

9時30分から17時30分まで

会場

東京都人権プラザ 1階 企画展示室
東京都港区芝2-5-6 芝256スクエアビル 1階
交通アクセスはこちら

入場料

無料

展示作品

関連企画

(1)講演会「病み棄ての戻り道」

(2)講演会「ハンセン病と沖縄:沖縄愛楽園から伝えたいこと」

(3)ラジオドキュメンタリーを聞く

関連企画共通

開室時間の延長

関連企画の前後に展示を見学できるよう、開室時間を延長いたします。

作家

儀間比呂志(ぎま ひろし) 1923年-2017年

略歴

版画家。1923年沖縄生まれ。1940年から北マリアナ諸島テニアン島で過ごす。1943年に帰郷し、その後出征。配属先の横須賀で敗戦を迎える。戦後、上野誠に木版画を学び制作活動を開始。沖縄の人々の暮らしなど故郷沖縄をテーマに多くの作品を彫りつづけた。主な作品に『ふなひき太良』(毎日出版文化賞)、『鉄の子カナヒル』(サンケイ児童出版文化賞)、沖縄戦版画集『戦がやってきた』(沖縄タイムス芸術選賞大賞)など。

このページの先頭に戻る