東京都人権プラザ

ここから本文です

東京都人権プラザ企画展

名越啓介写真展「Familia 保見団地」

 この度、平成30年度の東京都人権プラザ企画展第1期として、「ダイバーシティ」をテーマに、人権を身近に捉え・考えるための写真展を開催します。
 愛知県豊田市にある「保見団地」は、住民の半数近くが日系ブラジル人であるなど、外国にルーツを持つ人々が暮らす多国籍な公営団地です。
  本展では、この「保見団地」において、写真家・名越啓介氏が住民と生活を共にし、3年間にわたりその日常を撮影した作品を展示します。
 一言で「ダイバーシティ」といっても、そこには様々な価値や意義があります。 本展を通して、多様な人々が共に生きる際に生じる葛藤や困難さ、そしてそれらを乗り越えるためのヒントなどを感じていただき、皆様にどうしたら「ダイバーシティ」が実現した社会となるのか、皆様とともに考えてみたいと思います。

チラシ

チラシデータ(PDF形式:2.4MB)

会期

2018年4月25日(水)から7月21日(土)まで

開室時間

9時30分から17時30分まで

会場

東京都人権プラザ(本館) 1階 企画展示室
東京都港区芝2-5-6 芝256スクエアビル 1階
交通アクセスはこちら

入場料

無料

関連企画

(1)トークセッション 名越啓介×崎山敏也(TBSラジオ放送記者)

日時
5月26日(土)14時00分から16時00分まで

(2)スライドトーク 名越啓介×川田洋平(編集者)

日時
6月16日(土)14時00分から16時00分まで
会場
東京都人権プラザ セミナールーム
定員
80名(事前申込不要、当日先着順)
その他
情報保障あり(要問合せ)、託児保育(要事前申込)

報道一覧

本企画展をご紹介いただきました!

新聞・雑誌等

インターネット

会場に飾られたたくさんの写真展示の様子

このページの先頭に戻る