東京都人権プラザ

ここから本文です

東京都人権プラザ企画展
「読む人権 じんけんのほん 2017-2018」関連イベント

ワークショップ「豆本からまなぶ人と本の関わり」

内容:『世界人権宣言』に親しみながら豆本を作ってみよう

 図書の小型本である豆本(ミニチュアブック)は、西洋では中世から日本では江戸時代からその存在が知られ、現代では、稀覯本(きこうぼん)として多くの収集家たちの注目を集めています。
 今回は、豆本の歴史、造本、装丁、印刷などを通して書物の成り立ちを学びます。また、講師デザインによる豆本(マクロミニチュアブック、縦10㎝×横7㎝位)に、『世界人権宣言』の条文の一部を活版印刷で刷り込んだ中綴じ(なかとじ)本を作ります。

チラシ

チラシデータ(PDF形式:647KB)

日時

2018年3月17日(土)13時30分から16時まで

会場

東京都人権プラザ 本館1階 セミナールーム
東京都港区芝2-5-6 芝256スクエアビル
http://www.tokyo-hrp.jp/info/access_main.html

講師

赤井 都(あかいみやこ)さん:ブックアーティスト・文筆家

定員

30名(事前申込制・申込多数の場合は抽選)
小学生以上(大人参加可)

参加費

無料

情報保障・託児

手話通訳、託児保育が必要な方は、申込み時にお知らせください。

申込締切

2018年3月2日(金)必着

申込方法

電話またはメールフォームでお申込みください。

(注)メールフォームからの場合は、参加を希望される方全員のお名前を備考欄に記入してください。お申込者ご自身が参加を希望される場合は、ご自身のお名前も合わせて備考欄に記入してください。
また、参加を希望される方が18歳未満の場合は、年齢も記入してください。
申込受付開始は2018年2月13日(火)朝10時00分からです。

お問合せ・お申込み

東京都人権プラザ 企画展イベント担当

講師プロフィール

赤井都(あかいみやこ)さん

愛知県出身。2006年ミニチュアブックソサエティ(本拠地アメリカ)の国際的な豆本コンクールで、日本人初のグランプリを受賞。2007年、2016年も同賞を受賞。
2006年より個展、グループ展、豆本がちゃぽん主催、ワークショップ講師など多数。2007年頃から、装幀家・製本家の栃折久美子氏が創設したルリユール工房等で本格的に手製本の技術を学ぶ。オリジナルの物語を、その世界観を現す装丁で手作りする、小さなアーティストブックの作り手として活動中。
Miniature Book Society会員、東京製本倶楽部会員、日本豆本協会顧問

【著書】『豆本づくりのいろは 増補版』(河出書房新社、2014)、『そのまま豆本 はじめての手製本編』(河出書房新社、2010)、『楽しい豆本の作りかた』(学研パブリッシング、2013)

このページの先頭に戻る