東京都人権プラザ

ここから本文です

東京都人権プラザ企画展

写真展 人権という希望 11人の写真家がいま、伝えたいこと

 この度、東京都人権プラザ企画展として、会期を3期に分け、それぞれ異なるテーマを設定した写真展を開催いたします。

 本展では、写真家3名を各期の監修者とし、各期のテーマに従って監修者が選定した写真家の作品を展示します。

 人権尊重の理念が浸透した社会の実現に向けて、複数の写真家の作品を通し、さまざまな視点から人権を捉え、人権についての理解を深めるとともに想像力を喚起する機会を提供します。

会期

2017年3月15日(水)から8月19日(土)まで

(注)祝日でも開室します。日曜は閉室。各期の間の展示入替期間は閉室します。

開室時間

9時30分から17時30分まで

会場

東京都人権プラザ(本館) 1階 企画展示室
東京都港区芝2-5-6 芝256スクエアビル 1階
交通アクセスはこちら

入場料

無料

展示内容

第1期 テーマ:「すべての人は、この世に一人しかいない。」

出展写真家:

監修:宇井 眞紀子

第2期 テーマ:「生きる。」

出展写真家:

監修:高松 英昭

第3期 テーマ:「かき消される小さき声。」

出展写真家:

監修:片野田 斉

特設:「写真集を読む、人権を見る。」

本展に参加する写真家11名の写真集およびそれぞれの心に残る一冊を一堂に展示します。

スライド上映&トークセッション

第1期

第2期

第3期

会場: 東京都人権プラザ 1F セミナールーム

(注)各回定員70 名。参加費無料。事前申込不要、当日先着順。情報保障、託児についてはお問い合わせください。

主催

チラシ

おもて面(PDF形式:730KB)

うら面(PDF形式:630KB)

このページの先頭に戻る