東京都人権プラザ

ここから本文です

平成30年度 人権啓発指導者養成セミナー(第2回)

欧米のセクハラ研修を知る

日米比較・職場のハラスメント対策:セクハラ・パワハラがなぜなくならないか

 職場におけるハラスメントは、被害者はもとより、企業にとっても職場の労務管理上極めて重要な問題です。男女雇用機会均等法は、セクシュアル・ハラスメントの防止を事業主に義務付けており、日本における職場のハラスメント防止に対する認識を一層高めていかなければなりません。
 そこで、人事管理と異文化理解を専門とする経営コンサルタントのロッシェル・カップ氏に(1)日本の企業文化特有の問題点、(2)欧米(主にアメリカ)と比較した際の日本のハラスメント対策の水準と課題、(3)ハラスメント根絶のために企業が取り組むべきことなどについてお話いただきます。
 企業や各種団体等の人権研修担当者の皆様が、自らの組織における従来のハラスメント対策をグローバルな視点から多角的に再考し、今後、より効果的な取組を実施するためのヒントを得る機会として、本セミナーを開催いたします。

チラシ

チラシデータ(PDF形式:1.8MB)

日時

2019年1月24日(木)
14時00分から16時30分まで(開場13時30分)

会場

主婦会館プラザエフ地下2階クラルテ (千代田区六番町15)

JR「四ツ谷」駅麹町口からすぐ。東京メトロ「四ツ谷」駅より徒歩2分。
外部サイトへ移動しますhttp://plaza-f.or.jp/index2/access/

講師

ロッシェル・カップ(Rochelle Kopp)
ジャパン・インターカルチュラル・コンサルティング社社長
(日本語による開催です。)

ジャパン・インターカルチュラル・コンサルティング社社長。異文化コミュニケーション、人事管理、リーダーシップと組織活性化を専門とする経営コンサルタント。日本の大手金融機関東京本社に勤務の後、異文化コミュニケーションに特化したコンサルタントとなる。主な著書に『英語の品格』『日本企業がシリコンバレーのスピードを身につける方法』『反省しないアメリカ人をあつかう方法34』など多数。朝日新聞、日経産業新聞、ニューズウィーク日本版にコラムを連載。

申込方法

電話、ファックス、メールにてお申し込みください。

東京都人権プラザ

定員

80名(事前申込制・申込多数の場合は抽選)

申し込み締切日

2019年1月15日(火)
締切日を過ぎても席がある場合はお申し込みを受けます。

参加費

無料

このページの先頭に戻る